不登校になってしまい学校に通うことにトラウマを抱えた人の心のケアは、とても大事なこととなります。

学校で部活をしてみよう

学校で部活をしてみよう
PAGE LIST

学校に通えない人の心のケア

私は不登校の経験がありまして、学校に通うことができない人の気持ちの役に立てたらと思い、今は大学に通って心理学を専攻し、心理士の資格取得を目指して勉強をしています。不登校になってしまいますと勉強がおろそかになりがちで、人とのかかわりを持つことに恐れを感じる人も出てきます。幸い勉強ができて、高校に通うことはできなくとも、大検に合格して大学に通うことができるようになる人は多く存在しています。

しかし、不登校になって学校にトラウマを抱えてしまう人も存在しておりまして、そのような人の場合は心のケアを必要としてきます。今では学校にスクールカウンセラーという心のケアを行なう人が付くようになっていますが、それでも1校に1人というわけではなく、1人のカウンセラーが何校も担当して付くものとなっているらしく、まだまだ心のケアに対して広まっていないのを感じています。

特に思春期のときの心は繊細で、大人は気をつけなければならない、見守っていかなければならない時期でありますから、学校に通うことができなくなってしまった人の心をケアすることはとても大切です。それによって人生が変わってしまうこともあるわけなのですから、もっとカウンセラーが増えていくことを願っています。

教育や学校は、深く知るならココでチェックしてみてください