学校教育は先生と生徒の関係が、校内では中心軸ですが、それだけでは成り立たない時代になりました。

学校で部活をしてみよう

学校で部活をしてみよう
PAGE LIST

学校は先生と生徒の関係だけで成り立ちません。

学校は保育から義務教育、大学教育まで年代別に設立され運営されている学校法人という法人格を持つ教育機関です。基本的に教師の責任と生徒の関係は重要視されます。教育について昨今は意識が再燃したようで、今後の教育の行く末に熱心になる保護者(親)が存在します。しかしながら、受験勉強もそうですが、教育のために保護者も生徒も振り回されている現状はあるかもしれません。

教師という職業は、生徒を正しく教導する仕事を預かります。戦後教育は、間違った方向に導くのではなく、健全に正しい方向に導かなければ教育は存在できません。教育者は元来、聖職者と呼ばれるように自らの指針を自覚し行動しなければならないです。だから多少、人格面では厳しいときもあります。学校のために教育をしているのではないから、学校は企業組織とは異なった人事配置がされます。聖職者は影響力が強いため、感化力があります。

自らが興味を持って学習させる方向に教導できれば、いい教師でもあります。教育は、ある意味でなにが「自由」かを学ぶ場でもあります。強制され言われたとおりにして、学ぶときもあれば、自由は自主性と責任を学ぶため、結果として正解に近づくときもあります。学校は教師も生徒も保護者も一緒になって学びを知る場でもあります。学校を卒業したら、それで終わりではなく、段階が上がって再び学習することを年配者はよく知っています。

教育や学校は、深く知るならココでチェックしてみてください